音楽家への道5 ハンドパン・ライブとコンピュータ・プログラミング

ハンドパンライブとコンピュータ・プログラミングの融合

2015年からは、ハンドパンの演奏とパソコンでのプログラムを同時に使って作曲するようになりました。

かなり深い部分で生演奏とプログラミングの融合が出来ていて、かなりいい出来になっています。クオリティに自信があるのでもっと色んな人に聴いてほしいんだけどなかなか発表する機会がありません。

自分でハンドパン・エレクトロニカというジャンルの名前をつけて、いろいろな方法で拡散していこうと思っています。

ぜひ聴いてみてください。

 

 

 

Cryptraveler
ストイックなエホバの証人の母子家庭に生まれ、いじめられっ子として少年時代を過ごすことを魂の段階で選択する。 十代の時に全てに嫌気が差し宗教、学校、日本社会からドロップ・アウトし完全なノマドとして世界中を放浪し続ける。 何度かの強烈な覚醒体験を経験し、”それ”を自身の存在を通して表現する。 現在は意識の覚醒とハンドパンと暗号通貨を駆使して三次元の地球を遊びまくっている。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。