人生の流れの完璧さと表現の限界

人生の完璧さ

 

になってわかるのが如何に出来事が完璧に連なって僕を旅の流れに乗せたのかということ。

自分自身のハイヤーセルフによって書かれた見事なシナリオ。自分で自分に拍手を送っています。

つい最近、本当に行きたいのかどうか分からないオーディションに落ちたり、住んでた家を仔猫の問題で追い出されたりして、ほとんど無理矢理みたいな感じで再び旅の世界に放り出された。

 

まこそ身軽になる時。二つあるハンドパンの内の一つを売る事にした。荷物をまとめて流れに乗る!

このブログを始めたのもまさに完璧なタイミング。おそらくこの記事は物語の序章に当たるのだろう。これは僕にとっては存在の芸術を表現するまたとない良い機会。

旅の流れに波長を合わせると、凄く面白い意識の状態を経験すると同時に、魔法のような現実を造り出す事も有ります。

それはほとんどの人がその様な現実が有りうるということを想像すら出来ないような世界。

この体験は僕に言い様のない高揚感をもたらします。その感じをなんとか表現して共有したいと思ってるんです。

 

表現の限界

 

も残念ながらこの感じは誰とも共有出来ないんです。それぞれが自分自身で感じ取るしかないんです。

別にその為に旅をする必要はありません。あなたにはあなたなりの道があって、それはあなたにしか分からない物なんです。

僕はこの感覚を共有することは出来ませんが僕が体験していることをライブで報告することは可能です。

でも、残念ながら僕が本当に言いたい事が全員に伝わる訳では無いんです。

 

その理由の一つは僕の物を書く能力。つい最近このブログを書き始めた所で全然経験が有りません。この後何年かすればもう少し上手に自分を表現出来るのかも知れませんが。

もうひとつの理由は僕がここで書こうとしていることは、世間一般の常識からはかなりかけ離れていて、ある種のセンスみたいな物がないと理解しづらいという事。

 

でも、もしあなたに僕が言うある種のセンスみたいな物があるならば、このブログはあなたの思考と感情を激しく揺さぶる可能性が有ります。

このブログには貴方の人生を根本から変えてしまう潜在的な力があるんです。少なくともぼくはそのつもりで書いています。

もし誰か一人にでも僕が感じていることを伝える事が出来るのなら、それに勝る喜びは他に有りません。

 

願わくばあなたがその一人でありますように!


 

Cryptraveler
ストイックなエホバの証人の母子家庭に生まれ、いじめられっ子として少年時代を過ごすことを魂の段階で選択する。 十代の時に全てに嫌気が差し宗教、学校、日本社会からドロップ・アウトし完全なノマドとして世界中を放浪し続ける。 何度かの強烈な覚醒体験を経験し、”それ”を自身の存在を通して表現する。 現在は意識の覚醒とハンドパンと暗号通貨を駆使して三次元の地球を遊びまくっている。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。